Hiro Honshuku, Hiroaki Honshuku, A-NO-NE Music, anone, anonemusic, 本宿宏明, ほんしゅく ひろあき、阿の音ミュージック, あのね、flute, Akai EWI, Brazilian, international groove jazz, DAW Disk Space Calc, Wave Length Calc, MIDI CC Finder, Apple Widget

Hiroaki Honshuku : 本宿宏明

Hiroaki Honshuku was first introduced to jazz in 1985 while teaching music at the US Naval Base in Yokosuka, Japan. Two years later, Hiro came to the Boston area. He started at Berklee College of music as a scholarship student in January 1987. By the fall, he was also accepted to the New England Conservatory as a scholarship graduate student. He has studied with George Russell, Dave Holland, Bob Moses, George Garzone, Matthew Marvuglio, and Thomas McKinley. Hiro was chosen leader of the 1990 New England Conservatory Honors Jazz Quintet, which performed throughout the New England region.

In May 1990, Hiro graduated simultaneously from Berklee College of Music and the New England Conservatory. He received Summa Cum Laude for his Diploma of Music at Berklee as a performance major. He received Academic Honors and Distinction in Performance for his Master of Music at the New England Conservatory as a Jazz Composition major. Besides being very active playing in New York and the New England region jazz clubs, he has been busy teaching in the Boston area. Since graduation, he has taught multiple levels of jazz theory and directed small and large jazz ensembles at New England Conservatory, jazz flute improvisation for grad study at Longy School of Music and computer science at The New England Institute of Art.

Hiro has been an assistant director for George Russell at the New England Conservatory since 1987 until Russell's recent retirement. He was also invited as an assistant and a flutist as well as a digital audio technician for Russell's Living Time Orchestra from 1997. Hiro has been deeply inspired by Russell's Lydian Chromatic Concept for Tonal Organization, which now characterizes Hiro's writing style using Tonal Gravity without any traditional II-V-I resolution.

Hiro has also played with Mike Stern, Dave Liebman, Mick Goodrick, Dave Weckl, Tiger Okoshi, George Garzone, Maria Schneider, Bob Moses, and Tom McKinley. Hiro has recorded more than 25 CDs for various artists.  He also recorded 5 leader albums, which are available at Amazon.com, CDBaby, and iTunes Store.  The complete discography is available at A-NO-NE web site.

While Hiro was into performing Avant-garde improvisational music using his electric gear in Berlin, Germany between 1990 and 1991, he was introduced to the Brazilian music by Paulo Maragucci, a well-known Rio de Janeiro composer/multi instrumentist who was studying at the New England Conservatory.  Since he joined the Brazilian group, Manga-Rosa led by Sergio Brandão in 1992, not only has his compositional style added Brazilian rhythms, Hiro has been very active performing and recording in the Brazilian music scene including Jequere led by José Pienasola, Gustavo Assis-Brasil Group, Teresa Inês Group, Gilson Schachnik Group, Alfredo Cardim, João Marcos, and many others.  Hiro has performed for Teresa Inês Rio de Janeiro shows in 2000 – 2001.

In the jazz scene, Hiro has been a long-time regular member of Jazz Composers Alliance Orchestra and Power Jazz Unit.

The nature of the A-NO-NE Band varies according to the performance. This concept was started by Hiro at the end of 1987 when he realized he wanted to be a strong composer. He made a list of good musicians around the Boston area, and tried to organize different size bands and different types of music for several concerts. The A-NO-NE Band can be a small Jazz group, Avant-garde, Funk Fusion and even a Big Band. All of the selections of the A-NO-NE Band are written by Hiro. Because of the success in four A-NO-NE Big Band concerts, he was invited to Paris as a guest conductor in June 1990, and his later formed big band "Boston Blazing Jazz Orchestra" was invited to the Jazz Festival in Kyoto '94 for a week long performance hosted by Geila Zilkha.

Hiro still keeps his classical music activity. Among those, he was invited for a recital at Paroisse de la Trinité, Paris, France, where he performed his own compositions dedicated to Messiaen.

Besides Hiro is busy performing and teaching, Hiro also runs a small project studio for digital audio editing and MIDI sequencing as well as on site recording using state of the art tools.  To help his own audio work on Macintosh, he has programmed a few applications, which are freely available at Apple web site under Dashboard Widget.

本宿宏明(ほんしゅくひろあき)は1985年に横須賀米軍基地で音楽を教える仕事に就き初めてジャズに出会った。その2年後、87年1月に米ボストンに移住し、バークリー音楽大学に奨学生として入学。同年秋にニューイングランド音楽学院の大学院に奨学生として迎え入れられ、故George Russell(ジョージ・ラッセッル)Dave Holland(ディブ・ホランド)、Bob Moses(ボブ・モーゼス)、George Garzone(ジョージ・ガゾーン)、Matthew Marvuglio(マット・マルブグリオ)、Thomas McKinley(トム・マッキンレー)などに師事した。また、在学中は同音楽学院のHonorsジャズクインテットのリーダに任命され、学院の代表としてニューイングランド地方を演奏して廻った。

1990年5月、本宿はバークリー音楽大学とニューイングランド音楽学院両校を同時に卒業する。バークリー音楽大学からはSumma Cum Laude(主席/最優等生)を受けパフォーマンス学科を卒業。ニューイングランド音楽学院からはAcademic Honors(成績優秀賞)とDistinction in Performance(演奏功績賞)を受けジャズ作曲学科を卒業。卒業後ニューイングランド地方やニューヨークで多忙な演奏活動を続けるかたわら、教育活動にも勢力的。母校ニューイングランド音楽学院ロンジー音楽大学ニューイングランド・インスティテュート・オブ・アートなどで教員を務め、ジャズ理論、インプロ、ジャズアンサンブル、さらにコンピュータテクノロジーなどのクラスを多く教えた。


主な共演者は、Mike Stern(マイク・スターン)Dave Liebman(ディブ・リーブマン)Mick Goodrick(ミック・グッドリック)Dave Weckl(ディブ・ウエックル)、Tiger Okoshi(タイガー大越)、George Garzone(ジョージ・ガゾーン)Maria Schneider(マリア・シュナイダー)、Bob Moses(ボブ・モーゼス)、Tom McKinley(トム・マッキンレー)等。サイドマンとして25枚以上のCDに参加している他、本人名義のリーダーアルバムは5枚リリースされている。詳しいディスコグラフィーはここをクリック。リーダーアルバムはアマゾンiTunesCDBabyなどで入手できる。

1990〜91年独ベルリンに数回渡航し、エフェクターを駆使したアバンギャルド・ジャズ活動に集中していた頃、ブラジル、リオで著名な作曲家/マルチ楽器奏者であるPaulo Maragucci(パウロ・マラグチ)にニューイングランド音楽学院にて出会い、ブラジル音楽に興味を示す。92年にはSergio Brandão(セルジオ・ブランダオ)率いるManga-Rosa(マンガ・ホーザ)に参加し、本格的にブラジル音楽の洗礼を受け、以後自分の作品にブラジルのリズムを積極的に取り入れるようになる。また、多くのブラジル音楽家達のレコーディングやライブに参加するようになる。José Pienasola(ジョゼ・ピアノソラ)率いるJequere(ジェケレ)、Gustavo Assis-Brasil Group(グスターボ・アシスブラジル・グループ)Teresa Inês Group(テレサ・イネス・グループ)、Gilson Schachnik Group(ジウソン・シャシニック・グループ)、Alfredo Cardim(アルフレッド・カルディム)、João Marcos(ジョン・マーコス)など。テレサ・イネスのグループでは、2000年と2001年のリオ・デ・ジャネイロ・ツアーに参加している。また、ジャズシーンではJazz Composers Alliance Orchestraの正式メンバーを1988年から務め、フルートと作編曲を務めている。

「阿の音バンド」は固定のバンドという概念ではない。1987年暮れに本宿が作曲活動に集中することを決意した時に生まれたアイデアは、ボストン在住のミュージシャンの名簿を作り、コンサートごとに用途別のバンドを編成するということだった。コンボ、アバンギャルド、ファンク、フュージョン、ビッグバンド。同じメンバーで違うタイプの音楽をするのを避けるのが目的でもあった。譜面が本宿のものであればあとはすべてアリという設定であった。ボストンでの阿の音ビッグバンドの成功が認められ、1990年6月に仏パリに客員指揮者として招聘された。1994年に「阿の音ビッグバンド」はBoston Blazing Jazz Orchestraという名義でギラ・ジルカがホストを務める京都ジャズフェスティバルに1週間連夜フィーチャーされた。

クラシック音楽の活動としては、仏パリにある、メシアンの教会として有名なParoisse de la Trinitéに呼ばれリサイタルを開いたとき、メシアンに捧げる自作の作品を自演した。

演奏活動や教育活動に多忙な合間、本宿は自宅でプロジェクト・スタジオも経営する。主にデジタル・オーディオやMIDIシーケンスを扱う他、Metric Halo録音機材を現地搬入し多くのルネサンス音楽の録音などを手がけている。自分の録音仕事のヘルパーとしてプログラムしたMac用オーディオツールがアップルのサイトから無償で配布され、オーディオエンジニアの間で普及している。