Flute Practice Tips

This section is to share tips about flute playing based on my own experiences.  Hope this helps others.

I don't like practicing. Even though I started playing flute when I was 10, I never really practiced until I started the grad school in the States. What I often came up with was to make practice games to have more fun than torturing.

このセクションはフルートの演奏のお助けセクションです。自分の経験からアイデアを書いて行きたいと思います。どこかでお役に立てばよいかと思います。

ぼくは練習が大嫌いなのです。フルートは10歳からやっていますが、アメリカの大学に入るまではまともな練習をしたことがありませんでした。1日5〜10時間練習するようになって、なんとか練習を楽しくしようと、色々とゲームを考え出したものです。

How to hold flute フルートの持ち方

See video

Breath Training Game 長い息のためのゲーム感覚練習

This is a game I used to play for myself every day. Download the attached PDF.  Set your metronome to 60 bpm, and play as written.  It is written so you add note after note one by one, getting harder and harder.  Until you find the way to support your air compression with your diaphram, you will run out of your breath way before you reach the bottom.

You can only try once a day!

When you fail, take a note where you failed, and waite until next day you have another chance to try. You have only one chance a day, that rule gives you the focus.  It took me about 8 month before I got to the bottom.

Try mimicking/imaging the intake breath when you are surprised and shocked. This is not for the speed of intake but to widen the air path from your mouth to your diaphram. 


毎日必ずやっていた練習ゲームのひとつです。まず添付のPDFファイルをダウンロードして下さい。メトロノームを60 bpmにセットし、譜面の通りに、止まらずに演奏して下さい。一個ずつ音が増えていくので少しずつつらくなってくるはずです。横隔膜で支えを作って空気の圧力をコントロールすることをからだが覚えるまでは譜面の半分もいかないかもしれません。

1日1回しかトライしてはいけません。

失敗したら、どこまで行って失敗したかをメモし、次の日まで待ちます。一回しかトライできない事への集中力がカギです。ぼくは一番最後まで行くのに8ヶ月ほどかかりました。

息を吸い込む時、思いっきりビックリして息を吸い込んだ時を想像してやってみて下さい。息の吸い込むスピードではなく、からだのなかで息の通る道が口から横隔膜まで大きく開くよう努力して下さい。

Practicing difficult passages 楽曲の難しい部分の練習方法


Keep in mind, you want to play at 70% of what you have.  If you play at 100%, it will sound desperate and no one will enjoy it.  You practice to the point that is 100% and you only use 70% of that to perform so you have the full control.

  1. Set the metronome slow where I am confident to nail
  2. Play the section without any mistake 10 times in a row
    Reset the counter when you fail and start over (this is the game part)
  3. Set the metronome 2 clicks faster
  4. Repeat from step 2)
  5. When it got to the point it is too fast to repeat 10 times in a row, write down the metronome number and try again next day

Again, practicing should be fun, not torturing, or you won’t improve as much as you wish.
I highly recommend recording your practice when you are ready. It is important to check yourself subjectively often.


常に自分のちからの7割の努力で本番演奏したいものです。ちからを100%使って演奏すると聴き苦しいものです。余裕があるからこそコントロールができる、と考えたいですね。

  1. メトロノームを確実に演奏できる速さに設定する
  2. 問題の箇所を10回続けて間違えないように演奏する
    もし間違えたらカウンターをリセットして1回目からまたやり直す(ここがゲーム)
  3. メトロノームを2クリック速く設定する
  4. ステップ2)からまた繰り返し
  5. 速すぎて不可能なところまで行ったら最終メトロノームの速さを記録してまた翌日挑戦

練習は楽しくなくては続きません。音楽ですからスポ根では上達してもそういう音しか出ないのではないかと思います。

練習中にある程度できるようになった部分は録音してチェックを入れることをお勧めします。第三者の耳で診断するのは大切なことです。

 

Trevor Wye

I hope you have Trevor Wye's "Practice Book for the Flute Volume 1". This book is a must-have.

Click to see the image. The section is called "Preparing for the high register".  These 2 pages, page 18 and 19 are my favorite.

トレバー・ワイの教則本第一巻は持っていたい教材です。

イメージをクリックして見て下さい。英語でない場合どう表記されているかわからないので、この高音の練習の2ページを探して下さい。この2ページがお気に入りです。