Hiro Honshuku, Hiroaki Honshuku, A-NO-NE Music, anone, anonemusic, 本宿宏明, ほんしゅく ひろあき、阿の音ミュージック, あのね、flute, Akai EWI, Brazilian, international groove jazz, DAW Disk Space Calc, Wave Length Calc, MIDI CC Finder, Apple Widget

Practicing difficult passages 楽曲の難しい部分の練習方法


Keep in mind, you want to play at 70% of what you have.  If you play at 100%, it will sound desperate and no one will enjoy it.  You practice to the point that is 100% and you only use 70% of that to perform so you have the full control.

  1. Set the metronome slow where I am confident to nail
  2. Play the section without any mistake 10 times in a row
    Reset the counter when you fail and start over (this is the game part)
  3. Set the metronome 2 clicks faster
  4. Repeat from step 2)
  5. When it got to the point it is too fast to repeat 10 times in a row, write down the metronome number and try again next day

Again, practicing should be fun, not torturing, or you won’t improve as much as you wish.
I highly recommend recording your practice when you are ready. It is important to check yourself subjectively often.


常に自分のちからの7割の努力で本番演奏したいものです。ちからを100%使って演奏すると聴き苦しいものです。余裕があるからこそコントロールができる、と考えたいですね。

  1. メトロノームを確実に演奏できる速さに設定する
  2. 問題の箇所を10回続けて間違えないように演奏する
    もし間違えたらカウンターをリセットして1回目からまたやり直す(ここがゲーム)
  3. メトロノームを2クリック速く設定する
  4. ステップ2)からまた繰り返し
  5. 速すぎて不可能なところまで行ったら最終メトロノームの速さを記録してまた翌日挑戦

練習は楽しくなくては続きません。音楽ですからスポ根では上達してもそういう音しか出ないのではないかと思います。

練習中にある程度できるようになった部分は録音してチェックを入れることをお勧めします。第三者の耳で診断するのは大切なことです。