Hiro Honshuku, Hiroaki Honshuku, A-NO-NE Music, anone, anonemusic, 本宿宏明, ほんしゅく ひろあき、阿の音ミュージック, あのね、flute, Akai EWI, Brazilian, international groove jazz, DAW Disk Space Calc, Wave Length Calc, MIDI CC Finder, Apple Widget

Trevor Wye

I hope you have Trevor Wye's "Practice Book for the Flute Volume 1". This book is a must-have.

Click to see the image. The section is called "Preparing for the high register".  These 2 pages, page 18 and 19 are my favorite.

トレバー・ワイの教則本第一巻は持っていたい教材です。

イメージをクリックして見て下さい。英語でない場合どう表記されているかわからないので、この高音の練習の2ページを探して下さい。この2ページがお気に入りです。


  • This is one of the rare occasion you DO NOT USE METRONOME.
  • Take your time to play each phrase.
  • Have dense air, by compressing it with your diaphragm and embouchure, on the first note of the each phrase (1st beat of the measure 1, 3 and 5).
  • Play each phrase only with the focus on the first note. In other words, you are still playing the first note while your fingers are moving to play the entire phrase.
  • Do not increase the amount of the air but rather pull back the amount of the air as you move up, and make the air speed slightly faster with your embouchure to support higher register.
  • Keep the entire phrase under mf because it will sound crescendo naturally when notes moves up the register.  Do not think of making the crescendo.
  • Imagine it’s a one of the movie scene, a cold but quiet winter, and you are waiting for someone to come back to you (or make up your own story).
  • Must record yourself to check!

  • この練習は珍しくメトロノームを使いません。
  • 時間をかけて演奏して下さい。
  • 横隔膜とアンブシュアでコントロールして息に圧力をかけ、密度の濃い空気で、それぞれのフレーズの最初の音を吹きます(1、3、5小節目)。
  • それぞれのフレーズを最初の音だけを吹いているつもりで演奏します。言い換えると、フレーズの残りの音は指が動いてるだけで、頭の中では最初の音だけを吹いているように感じて下さい。
  • 音域が上がる時に空気の量を多くするのではなく、反対に少なくするように感じて下さい。音域が高くなるのをサポートするために、アンブシュアを調整して息の速さを少しずつ速くしていくようにすると楽です。
  • 最初から最後までメゾ・フォルテで演奏して下さい。音域が上がって行けば自然とクレッシェンドして聞こえるものです。音域が高くなる時はいつも音が大きく聞こえてしまうことを覚えて下さい。
  • 頭の中で映画の1シーンを思い浮かべます。例えば静かな凍り付くような冬に誰かを待っているとか、自分で好きなシーンを創造するのもよいです。
  • 必ず録音してチェックして下さい。