Hiro Honshuku, Hiroaki Honshuku, A-NO-NE Music, anone, anonemusic, 本宿宏明, ほんしゅく ひろあき、阿の音ミュージック, あのね、flute, Akai EWI, Brazilian, international groove jazz, DAW Disk Space Calc, Wave Length Calc, MIDI CC Finder, Apple Widget

Noriko Terada(寺田典子)

Born in Japan, Noriko Terada originally started her musical life with the piano at he age of 3. Later at the age of 11, she began playing the percussion which she quickly fell in love with.

Noriko Terada is internationally known for her percussion recordings with hugely popular video game series, Final Fantasy XIII-3 Lightning Returns by Square Enix ( February 2014 on sale in USA, Europe). As a very successful studio musician and multi-percussionist, she has performed at numerous famous venues and festivals/conventions including Carnegie Hall, Blue Note NY, Montreal Jazz Festival, TED Conference, Boston Symphony Hall, , PAX EAST, Beantwon Jazz Festival, Anime Central, Agganis Arena,Viana do Castelo International Music Festival in Europe, Asia, Australia and USA. Also she joined multi award-winning group called TAP DOGS in October 2012 in Australia.

In Japan, she is recognized as major record label artist(JVC Victor Entertainment, Japan) and she has been performing as a member of the group Flangia, well known music bell & percussion band. The group has appeared on TV programs, magazines, radio and countless live events.


After graduating Berklee College of Music, Noriko has shown so much versatility in musical styles including Musical Theatre, World music, Afro-Brazilian music, Pop, R&B, Rock, Jazz and Classical.She was heavily involved in various bands on the east coast and has performed and recorded internationally. She performed with top artists and groups such as Alan Slilvestri (composer of film “Back to the Future”), Don Was (Producer of Rolling Stones), Anjelique Kidjo (Grammy award singer), John Weston (Producer of Beyonce, Shakira, Yo-To-Ma), Nobuo Uematsu(composer for Final Fantasy), Masashi Hamauzu(IMERUAT), Women of the World, Video Game Orchestra, Mr.Ho's Orchestrotica,Chris Florio Band, Yuki Kanesaka Band and Rhythm of the Universe.

寺田典子 パーカッショニスト

日本、アメリカを拠点に活動しているパーカッショニスト。
ワールドミュージック、ラテン、ポップス、ロック、ミュージカル、ジャズ、映画音楽、ビデオゲーム音楽等、幅広いジャンルで活動。

東京音楽大学打楽器科卒業後、バークリー音楽大学奨学金を受け入学、同大学を首席で卒業。

2013年11月21日発売のファイナルファンタジーXIII-3 Lightning Returns(byスクエア・エニックス) オフィシャルサウンドトラックCDでパーカッションパートを担当。

2012年秋からブロードウェイミュージカル、またシドニーオリンピックの開会式でパフォーマンスしたグループ『TAPDOGS』にアジア人初のキャストとして参加、4ヶ月のオーストラリアツアーでオンステージミュージシャンをつとめる。2014年には同グループのロシア、ドバイ、パリでのツアーに参加予定。

これまでにNYのブルーノートジャズクラブ、カーネギーホール、カナダのモントリオール国際ジャズフェスティバル、TED Talks, ボストンシンフォニーホール等、数々のイベントやコンサート会場で演奏。

共演者は、映画『バックトゥーザフューチャ』『フォレストガンプ』の作曲者、アランシルベストリ氏、ローリングストーンズやボブディランのプロデューサーのドン・ワッツ氏、ビヨンセやヨーヨーマのプロデューサーであるジョンウェストン氏、アカデミー賞シンガーのアンジェリーク・キジョー氏、マイルスデイビスのドラマーであるケンウッド・ディナード氏、オスカー賞受賞ディン・ペリー氏、IMERUAT他、数多くのアーティストと共演し好評を博す。

ボストンではワールド音楽のヴォーカルグループ、『ウーマン・オブ・ザ・ワールド』や
『ビデオ・ゲーム・オーケストラ』、『ミスターホーズオーケストラ』等でパーカッショニストをつとめる。

またモダンバレエのアカンパニーパーカッショニストとしても活動。これまでに、ボストンバレエ、ボストン音楽院、ハーバード大学、ウォールナッツヒル芸術学校でアカンパニストをつとめる。

Instrument
Percussion